FC2ブログ

ジムやめました3 銭湯のすすめ

近所にある銭湯、多分、一般的な普通の銭湯だと思いますが、

お風呂の種類がたくさんあります。

露天風呂2種類、電気風呂、うたせ風呂、泡風呂、ジェット風呂・・

ひとつずつ体験してると飽きずに良い汗がかけて楽しい (*^_^*)

すごい水圧のお風呂があって、手すりにしがみついてないと

流されそうな勢いなんです。

ふんばって脇腹に集中攻撃すると、それだけでウエスト減ってるんじゃないかなって・・・

んなわけないか(。-_-。)

露天風呂では外の空気を感じながらゆったり癒されるし。

失礼ながら、いつ行っても空いている!のが私にとってはうれしいのです。

流し場の奪い合いとか嫌じゃないですか、そういうのがないのが良い。

サウナにも入りたいけど、散々お風呂で汗かいた上にサウナに入ったら

倒れてしまう。サウナなしでも十分。これで430円。。

やっぱジムのお風呂より銭湯の勝利、かも。







ジムやめました2 お金の無駄か?

私、社会人になる前からジムに通っていました。

ジム歴、かれこれ30年以上になります。

若いころは、それなりに熱心に通ってモトとれていた気がします。

でもいつしかジムに通う、というより登録しているだけの会員になり、

それでもジムをやめると運動しなくなるから、と自分に言い聞かせ

ずるずると会員を続けていました。(。-_-。)

さらにジムで運動しないならせめてお風呂だけでも・・

と今度は仕事帰りにお風呂に入って帰るようになりました。

自宅ではもっぱらシャワーのみなので、

大きな湯船に入って、サウナで汗出し切って帰るのも気持ちよいものです。

がっ。。自宅の近所には入湯料430円で入れる銭湯があります。

月に10回通っても4300円、ジムより近いし値段も安い。

ジムをお風呂屋さん代わりに使うのは不経済か・・と

お金の面でも見直しが必要でした。

スポーツジムやめました1  時間の無駄??

少し前ですが、あるテレビ番組で吉田栄作さんがジムに通わない理由を語っていました。

「ジムに通う際に着替えたり、移動したりの時間が無駄でしょう」と。

なるほど。。

シンプルな理由ですが、目からうろこ、でした

自宅とジムの往復だと、

部屋着→外出着→運動着→外出着→部屋着

自宅から直接ウオーキングなりジョギングなりするなら

部屋着→運動着→部屋着 で済みますもんね。

ジムに行く気になったものの、着替えの服がなかなか決まらず、

準備に手間取って結局行くのやめた、ってことも多々あるし。

持ち物も着替えや身の回り品で結構な重さになる。

何度も着替えをしたり、外出の準備、移動する時間て、

割と時間とられてるな、って実感しました。

しかも私は90分限定会員なので、

あれっ?時間かけてジムに行ってる割に

運動してる時間短くない??って話です。

移動時間、自転車で往復30分程度ですが、家からウオーキングするなら

その30分で最低限の運動ができますしね。

問題は自宅にいて自発的に運動する気になるか??ですが。。。

不運続き

新年からツキに見放されています。

テレビが映らなくなった。

部屋の照明が切れ、真っ暗の中で生活。

右足肉離れで歩行困難に。

なんだろうなぁ。

気持ちが下向きに落ちていく。。

ひとつずつ解決して上向きになるのをまとう。

思うように動けないので、ダイエット計画はひとまず中断、

食欲減退なので青汁とかで栄養調整してみます。

痩せたい気持ち・・揺らぐ

新年に入ってろくなことがありません。

ずっと左足の具合が悪かったところに

今度は右足を痛めました。

ほんのちょっとした動作でひざ裏がピキっと

衝撃が走りました。

今迄にない痛み。

それ以降、足をひきずるようになり、さらに階段を普通に降りれない。

初めての感覚にあせって病院に行くと、

これが「肉離れ」というものらしいです。

お医者さん、不親切で特に治療もアドバイスもなく、

10日くらい様子見て痛かったらまた来てください、と。

あまり心配いらないということなのか、と解釈して少し安心。

でもお医者には不満。もう少し患者の不安に寄り添ってもらいたいものです。

その日は苦労して帰宅し、疲れて寝てしまいましたが、明日が心配。

明日は歩けるかな。

これから有酸素運動をメインに運動しようと思っていたので

幸先悪い新年です。

しばらく安静にして作戦ねりなおし。。
プロフィール

ふるだだ

Author:ふるだだ
50代 女性 独身
派遣社員をしています。
心身ともに老いを感じ落ち込む日々、
前向きに生きる方法を模索しています

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR